電話する

地図

WEB予約

メニュー
インターネット予約 インターネット予約
ヘッダーオファー

親知らずにも人によって形が違う?

2024年5月20日

こんにちは。江坂市「はやし歯科クリニック」です。

今回は『親知らずにも人によって形が違う?』についてお話していきたいと思います。

まず、親知らずというワードは、一度は耳にしたことはあるのではないでしょうか。

しかし、親知らずの詳しい知識をお持ちの方はなかなかいないのではないかと思います。

親知らずは人によって、形によって、治療の難易度も変わってくるため、歯を抜くことが困難な状態であることを『難抜歯』といいます。

自分がどの親知らずをお持ちなのか。

そして、親知らずとはそもそもどういうものなのかについてのご説明から入ろうと思います。

親知らずを放置してしまうとどうなってしまうのか?

どう対処したら良いのか。

あなたがお困りの親知らずはどの特徴をもった親知らずなのか。

などなど、丁寧にご説明させて頂こうと思います。

少しでも、不安に思うこと、痛みなどが伴うことがございましたら、お早めに当院にご相談ください。

親知らずの処置は、セルフでは行えません。

適切な方法で対処するために、まずは親知らずについて一緒に学んでいきましょう。

それでは、親知らずのご説明からさせていただきます。

親知らずってそもそも何?

親知らずとは、人の歯の一部のことを指し、通常、上下の両方の顎の最後に生えてくる大きな歯です。

正確には、上下それぞれ左右に4本、計8本存在します。

親知らずは、他の歯に比べて成長が遅く、通常、10代から20代の間に生えてきます。

ではなぜ、『親知らず』と呼ばれるのかご存知でしょうか。

親知らずの由来は、昔は現代のような医学が発達しておらず、栄養バランスを考えて食事をとっていなかったため、人の平均寿命も短かったとされています。

そこで、親知らずが生えてくる時期には、親は亡くなってしまっていることが多いことから、『親知らず』と呼ばれるようになりました。

しかし、その時代から親知らずがどのようなもので、どんな症状が起きるのかわかっていたのなら、すごいことですよね。

少し話が脱線してしまいましたが、親知らずとは、お口の一番奥に存在する歯のことで、他の歯と比べて生えてくる時期が遅い歯のことです。

 

親知らずはどんな症状を起こしてしまうのか

 

親知らずは、必ずしも抜かなければいけないものではありません。

よく「親知らずを抜いてきた!」と知り合いに言われたことはありませんか?

親知らずって抜かなきゃいけないのかな…。

とお考えになる患者様もいらっしゃいますが、痛みや腫れを繰り返していなければ抜く必要はありません。

抜かなくてもいい親知らずもあるのです。

しかし、痛みを感じているのにも関わらずそれを放置してしまうと、対処が遅くなり、他の健康な歯にも悪影響が及んでしまいます。

そのため、以下の症状に当てはまっていた場合、処置が必要になりますので、ご確認ください。

① 歯茎の中や、その周囲に痛みが生じることがある。

また、食事をとるときに痛みを感じることがある。

② 歯茎が腫れたり赤くなっている。

歯茎に炎症がみられ、触ると痛みが伴う。

③ お口の中に違和感を感じる。

こちらは親知らずが正しく生えない場合に不快感が生じることがあります。

④ 親知らずの隣に生えている歯に痛みを感じることがある。

こちらは、親知らずが他の歯に圧力をかけたり、隣接した歯に影響を与えてしまった結果、生じる症状です。

⑤ 食事をとることが困難である。

親知らずの位置や成長の仕方によっては、噛み合わせに支障が起こり、食事が困難になってしまう症状です。

いかがでしたでしょうか。

当てはまる症状はございますか?

痛みや腫れ、違和感などの症状が同じでも、親知らずの生え方次第で治療もガラリと変わっていきます。

この親知らずの生え方に違いはあるのか

結論から述べると、人によって親知らずの生え方は違います。

また、親知らずの形も違います。

そのため、人によって治療方法が異なったり、大きな治療を施さなければならない場合もございます。

どんな歯の生え方や形のものが治療が比較的容易に行えるのか。

それは、一般にいう普通の親知らずは、歯を抜く際「抜歯(歯を抜くこと)を困難にする理由」がない場合は普通抜歯となる。

形でいうと、真っ直ぐとした親知らずです。

例え、斜めに生えていたとしても、歯がまっすぐな状態であれば、普通抜歯として大きな困難なく手術可能です。

しかし、親知らずを抜くことが極めて難しいと呼ばれる難抜歯には、人によってさまざまな生え方をしております。

手術レベルが普通抜歯より一段階上がる歯の形、生え方をご紹介致します。

・歯の根元が湾曲した形をした歯

・歯の根元が太くなりすぎている形をした歯

・歯の根元が開脚した足のように開き、骨が邪魔になっている形をした歯

・歯の根元が骨を抱えるような形で生えてしまっている形をした歯

など、人によって形はバラバラで、抜歯の難易度も歯の形によって治療方法は変わっていきます。

そして手術レベルが極めて難しいと呼ばれる親知らずは、歯茎に埋まっているケースです。

これを『難抜歯』と呼びます。

「埋伏歯」といい、中でも骨と密接にくっついてしまっている状態のことを「骨性埋伏歯」といい、抜歯がとても困難です。

しかしながら、歯の状態や生え方、形などは自分で確認できないと思います。

もし痛みや腫れなど上記で記載した症状にあてはまる場合、お早めに当院にてご相談ください。

レントゲンをとることで、歯の形や生え方をご確認いただけます。

また、難抜歯の場合は、通常の親知らずと比べて複雑であり、治療も時間がかかることがございます。

事前に治療の詳細や説明、アドバイスを受けた上で、治療に臨みましょう。

 

 

親知らず、難抜歯を抜くことのメリット

痛みや腫れが伴う場合は、歯科医院で必ず診てもらうようお願いします。

親知らずや難抜歯を抜くか、検討されている方に、抜歯を行うことのメリットをご紹介致します。

まず、口臭予防になることです。

虫歯や歯周病のリスクが下がり、汚れを溜まりにくくなり、歯も磨きやすくなることから、口臭予防に役立ちます。

また、虫歯や歯周病予防にもなります。

食べ物の残りかすが残りにくくなることが、虫歯や歯周病予防に繋がっていきます。

そして最後のメリットは、小顔効果です。

意外ですよね。

歯を取り除くことによって、その歯を支えていた骨が吸収されます。

親知らずの場合でも、抜歯によって顎の骨が吸収され、小顔効果を感じる方がいらっしゃいます。

ただし、こちらは個人差や微々たるものであり、小顔効果を期待して抜歯をするというのはおすすめはできません。

親知らずも正しく生え、痛みや腫れなどを伴わない場合は抜歯をする必要がございませんので、自分の歯を大切にしましょう。

不安な方も一度歯科医院で診てもらうことで、自分がどんな親知らずをお持ちなのか、ご確認いただけます。

お気軽にご相談くださいませ。

 

まとめ

どうでしたか?

親知らずの特徴を理解することができましたでしょうか。

また、親知らずは人によってさまざまな生え方、形をしています。

それらによって治療方法が異なったり、治療の難易度も変わってきます。

違和感をもったまま親知らずを放置してしまうと、さらに状態が悪化してしまう可能性もございます。

正しい治療法を専門の歯科医に診てもらった上で、適切な処置をしましょう。

最後まで読んで下さり、ありがとうございます。

<< 前のページに戻る

診療スケジュール

当院へのお電話からの問い合わせは0663846480へ

診療時間
9:00〜13:00
14:30~18:30
/
/
         
休診日 / 日曜祝祭日・水曜日 (訪問診療)
▲ 土曜日午後:14:00〜17:00
ご予約・お問い合わせはこちら
はやし歯科クリニックの外観
  • インスタグラム
  • はやし歯科クリニックデンタルローン
    フッターオファー
    © 2018 はやし歯科クリニック