電話する

地図

WEB予約

メニュー
インターネット予約 インターネット予約
ヘッダーオファー

歯科医院でホワイトニングをする3つのメリット

2023年12月11日

こんにちは。
大阪府吹田市江坂の「はやし歯科クリニック」です。

歯のホワイトニングに興味がある人は多いのではないでしょうか。

ホワイトニングは、歯を削ったり、傷めたりせずに歯を白くすることができる方法です。

見栄えを考えると、是非とも利用したいところですが、ホワイトニングは歯医者だけではなく自宅やホワイトニングのサロンなど、いろいろなやり方があります。

今回は、歯医者でホワイトニングをするときのメリットについてお話したいと思います。

ホワイトニングには3つの方法がある

ホワイトニング

ホワイトニングと言っても、全部で3つの方法が存在します。それぞれに特徴とメリット、デメリットが存在するので、目的にあったホワイトニングを選ぶことが大切です。

まずは、ホワイトニングの種類について解説します。

1.オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングとは、歯医者で行うホワイトニングのことを言います。

薬剤を使って歯を白くする方法で、歯医者で施術をするので通うだけでホワイトニングを受けることができます。

また、ホワイトニングをする前に口腔内の環境についてもチェックを行います。
必要に応じて、歯石除去や虫歯チェックにも対応します。

2.ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは、歯医者で処方してもらったマウスピースを口に入れて、自宅で行うホワイトニングの方法です。

自宅でできるので、家事や在宅ワークをしながら、ホワイトニングを行うことが可能です。

オフィスホワイトニングと違い、通院する必要がないので、薬剤がある限りは通院時間を短縮することができます。

また、ホームホワイトニングは、オフィスホワイトニングよりも即効性には劣りますが、持続性は期待できます。時間をかけて徐々に歯を白くしていくので、効果が持続しやすいのです。

3.デュアルホワイトニング

デュアルホワイトニングとは、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを組み合わせるホワイトニングの方法です。

オフィスホワイトニングの即効性とホームホワイトニングの持続性を兼ね備えているので、両方のメリットを受けることができます。

セルフホワイトニングは正しい知識がないと危険!

ホワイトニング間違った知識

歯科医院のホワイトニングの他に、インターネットなどで「自宅で簡単にホワイトニングできる方法」といった情報がありますが、歯科医院としてはあまりおすすめできません。

ここでは、間違ったセルフホワイトニングについてご紹介します。

アルミホイル+重曹を使ったセルフホワイトニング

間違ったセルフホワイトニングの代表例が、アルミホイルを使ったホワイトニングです。

アルミホイルを歯にかぶせて、1時間ほど放置した後に重曹で歯磨きをするという方法があるのですが、これはおすすめできません。

アルミホイルの効果は分かりませんが、重曹は基本的に、掃除に使用されるものとなります。つまり、強い洗浄力を持つ成分が入っているので、歯を白くする効果はあるかもしれませんが、汚れだけではなく歯のエナメル層も削り落とされてしまいます。

結果として、歯が脆くなって欠けてしまったり、虫歯になりやすくなったり、歯石がついてしまったり、より着色しやすい状態になるなど、デメリットの方が大きいのでやめましょう。

歯医者でのホワイトニング 3つのメリット

ホワイトニングメリット

セルフホワイトニングに比べると、歯医者のホワイトニングは費用がかかりますが、その分、大きなメリットがあります。

ここでは、歯医者でホワイトニングを受ける3つのメリットについてご紹介します。

メリット1.効果が早い

オフィスホワイトニングやデュアルホワイトニングは、圧倒的に早く歯を白くすることができます。

特にオフィスホワイトニングは、即効性のあるホワイトニングのため1回の施術で効果を実感しやすいでしょう。

・歯の黄ばみがコンプレックス
・結婚式などで人前に出る
・イベントがある

などなど、期限がある人にはオフィスホワイトニングやデュアルホワイトニングといった、即効性のあるホワイトニングがおすすめです。

メリット2.効果が長い

ホームホワイトニング、デュアルホワイトニングでは、効果が長く続くことが期待できます。

ホームホワイトニングの場合、即効性は見込めませんが、じっくりと歯を白くしていくため、ホワイトニングの効果が長く続きやすいです。

デュアルホワイトニングは、オフィスホワイトニングの即効性と、ホームホワイトニングの持続性を兼ね備えています。

メリット3.コスパが良い

歯が持つ本来の白さを実現したいならば、市販のホワイトニング用の歯磨き粉やセルフホワイトニングでは、限界があります。

一方で、歯医者でのホワイトニングは、歯の汚れを落とすだけではなく、本来の白さを目指すための施術です。

ホワイトニングを受ける費用はかかりますが、セルフホワイトニングと比べると、ランニングコストを抑えることも可能で、結果として費用が安く済む場合もあります。

特に、ホームホワイトニングに関しては、自宅で行うホワイトニングなので、費用的にも時間的にもコストを抑えることができるので、おすすめのホワイトニング方法です。

歯医者でのホワイトニング たった1つのデメリット

ホワイトニングデメリット

セルフホワイトニングに比べると、歯医者でのホワイトニングのデメリットはたった1つだけ。それは、費用がかかるということです。

セルフホワイトニングであれば、安ければ数百円でホワイトニングができますが、歯医者でのホワイトニングはそれ以上の費用がかかります。

なので、すぐにホワイトニングの必要性がない方や、あまり費用を捻出できない方にとってはなかなか難しいかもしれません。

歯医者のホワイトニングは、保険適用外のものなので、全額実費での支払いとなります。

そのため、費用はどうしてもかかってしまいますが、一方でかけた費用の分だけ歯は白くなりますし、ホワイトニングの効果も持続するので、結果としてコストパフォーマンスが高いと言えます。

ホワイトニングを考えているなら、歯医者のホワイトニングを選択した方が、効果は間違いなく実感できるでしょう。

歯医者のホワイトニングはこんな人におすすめ!

歯医者のホワイトニングをまとめると、こんな人におすすめです。

・短期間で歯を白くしたい人

・ホワイトニングだけではなく予防歯科もしてもらいたい人

・高い効果を期待したい人

・高いスキルの施術を受けたい人

・長く効果を持続させたい人

・自宅で空き時間などにホワイトニングをしたい人

あなたがもし、こんな希望があるなら、歯医者でのホワイトニングを受けることをおすすめします。

効果を実感したいなら歯医者のホワイトニングがおすすめ

歯医者のホワイトニングには、歯医者で施術を受ける「オフィスホワイトニング」、自宅でマウスピースを使って行う「ホームホワイトニング」、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを掛け合わせた「デュアルホワイトニング」の3つの方法があります。

それぞれに特性があり、オフィスホワイトニングでは即効性が期待できるので、早く歯を白くしたい人におすすめです。

ホームホワイトニングは、長い時間をかけて徐々に歯を白くしていくので、持続性が期待できます。

デュアルホワイトニングは、即効性と持続性が期待できる方法です。

どの方法でも、ホワイトニングの効果は期待できますが、一方で費用はかかってしまいます。

しかし、効果を考えると妥当な金額だと言えるので、自身に合ったホワイトニングの方法を選ぶようにしましょう。

<< 前のページに戻る

診療スケジュール

当院へのお電話からの問い合わせは0663846480へ

診療時間
9:00〜13:00
14:30~18:30
/
/
         
休診日 / 日曜祝祭日・水曜日 (訪問診療)
▲ 土曜日午後:14:00〜17:00
ご予約・お問い合わせはこちら
はやし歯科クリニックの外観
  • インスタグラム
  • はやし歯科クリニックデンタルローン
    フッターオファー
    © 2018 はやし歯科クリニック